選択されているタグ : 

兵庫

タグを絞り込む :

11.08.18

震災文庫。(過去記事より) [災害と図書館]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

六甲山より神戸を望む

過去記事第2弾。1995年1月17日に発生した神戸の震災を振り返り2006年に書いたもの。

現在も自分の考えにブレはありませんが、その前提には「図書館はなくならない」という決めつけがあったように思います。まさか図書館がなくなるなんて思わないから。そんな生温い考えを一変させたのが今年3月の東日本大震災でした。

究極の災害時にきれい事は通用しない。まずは人命第一。図書館の存在なんて二の次、三の次。いや、優先順位はずっと後かもしれない。「地域と図書館」の視点を大事にしてきたけれど、肝心の「地域」の構造が地理的社会的に激変してしまい、図書館さえもなくなってしまったとき、地域と図書館はどうなるのか。

非常に大きなテーマです。実際の災害を経験していない私が何を言っても空論になる恐れはあります。それでも考えることをやめてはいけないと思うのです。地域の情報を過去・現在・未来どの角度からも知ることができる準備をしておくのがその地域の図書館であるという持論の下、今自分に何ができるのか、最悪のことも念頭におきつつ、これからの図書館は何をどう強化していくべきなのか考えていきたいです。

震災文庫
2006-01-18

昨日は阪神淡路大震災から11年目の日でした。あれからもう11年かと思うと時が経つのは早いですね。当時のことを記憶にとどめておくための取り組みは種々あるでしょうが、図書館情報学的な関心は

・11年間に震災に関連した資料や情報にはどのようなものがあるのか
・どれくらいあるのか
・どのようにアーカイブされているのか
・それらの震災関連情報を発信しているメディアとは

などなど。
たとえば、数年前に訪問した神戸大学の附属図書館では震災後に「震災文庫」というコレクションを新たに設けていました。現在はウェブ上でもデジタル化した写真・動画・音声・図書・新聞・パンフレットなどが公開され、新たなサービスとして「地図からの検索」が可能です。

このような震災資料・情報は被害を受けた地域だから収集できるものであり、他の地域にはないものであること。また、その地域に住む人々だけではなく、関連分野に携わる研究者や災害に備えようとする他地域にとっても必要とされるものであること。ここでは「震災」という地域性が分かりやすく出ていますが、どの地域にもその地域にしかない地域の歴史や文化、課題があるわけでして、それらに関連した資料や情報のことを「地域資料」「地域情報」と呼んでいます。

私自身の研究関心はそんな地域資料・情報のアーカイブ化とネットワーク化、それらを活用したビジネスや市民活動の支援サービスの確立といったところにあります。ただし、地域資料・情報を提供しているのは図書館だけではなく、現に震災資料・情報関連のデータベースは自治体や新聞社、テレビ局、民間企業、NPO、個人など各種メディアによって構築・公開されています。 貸出しを行うだけの図書館というイメージから脱却するためにも、これからの図書館には地域性を明確にした資料・情報の収集、他機関が提供する地域資料・情報との関連づけ、「地域と図書館」を意識した地域サービスの充実が求められるでしょう。

東日本大震災(Wikipedia)
阪神・淡路大震災(Wikipedia)
震災文庫(神戸大学附属図書館)


関連タグ

11年08月18日(木)

ページのトップへ ページのトップへ

リンク集

検索


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2013 biblog.net / Maniko Katsura All rights reserved.