選択されているタグ : 

東京

タグを絞り込む :

05.10.15

【調布】映画のまち。 [図書館と地域]

調布は日活撮影所や角川大映撮影所などがある「映画のまち」です。市制50周年を記念し、10/24に「新・平家物語」「黒部の太陽」「愛と死をみつめて」の3本が「たづくり」くすのきホールで無料上映されます。(2005/10/15 朝日新聞「第2東京」26面より)

調布市の図書館では「映画資料」を地域資料として重点的に収集し、中央図書館の「映画資料室」で提供しています。図書館HP内「映画リンク集」も合わせてどうぞ。


関連タグ

05年10月15日(土)

04.04.03

青木一良先生。 [我思ふ]

今日は、多摩地域の地域資料活動を支えた人物の1人で、先月1日に亡くなられた青木一良氏のご自宅を多摩の図書館員と一緒に訪問し、お焼香をさせてもいました。多摩地域の初期の地域資料活動を支えたキーパソンである青木先生の存在に気づくことができたことは修論の1つの大きな成果であったため、修論提出の報告も兼ねて先生にはぜひともお目にかかりたかったのですが、先生が生きていらっしゃる間にそれがかなわず無念です。先生の遺影を前に、亡くなる前の先生の様子を奥様がお話なるのを聞いているうちに、そして、先生と同じ時間を共有したことのある図書館員の方々が先生をしのんで20年近く前のエピソードを聞いて先生のことを思っているうちに、ついつい涙ぐんでしまいました。

奥様には先生のお宅をあとにする前に、修論のコピーを渡しました。これまで文献や図書館員の方のお話を通してしか知ることのなかった青木先生のお顔を初めて知り、今日先生の前で修論報告をしたことで、図書館学研究を始めて数年間の区切りをようやくつけることができたように思います。今日のような機会を与えてくださった多摩地域の図書館員の方々に感謝いたします。


関連タグ

04年04月03日(土)

03.10.22

【稲城】「図書館には街づくりのヒントがいっぱい!地域の力になる図書館」 [図書館と地域]

図書館おもしろゼミナール第一巻
「図書館には街づくりのヒントがいっぱい!地域の力になる図書館」
開催日時 11月1日(土)午後2時から4時
開催場所 城山文化センター視聴覚室
(京王相模原線「稲城駅」よりバス4分「向陽台6丁目」下車すぐ、「稲城駅」より徒歩約20分、JR南武線「南多摩駅」より徒歩約15分)

講演 千葉県浦安市立図書館長 常世田良氏
街づくり、産業振興、地域活動などにも図書館が大きな助けになるということを、豊富な実例を交えてお話しいただきます。

後援   稲城市教育委員会・稲城市立図書館
主催   稲城の図書館サポーター「みんなのとしょかん」

関連タグ

03年10月22日(水)

03.10.15

【国立 → 昭島】たましん。 [図書館と地域]

今日は多摩の信用金庫の資料室「たましん」を取材。

国立駅に降りたのは初めてたが、駅舎がすごくカワイイ。駅前はロータリーになっている。イギリスの田園都市化計画を模倣したとか。お昼を食べた「ロージナ茶房」では野菜カレーをごちそうになったが、量が半端なく多かった!歴史が古く、とっても雰囲気があってステキなお店だった。


午後は先日未公開資料を発見した昭島図書館へ行ってそれらを借用。思ったよりファイルの量が多くて持って帰るのがタイヘンだった。その前にたましんの資料室でもそこが1975年からオリジナルに編集・発行してきた雑誌『多摩のあゆみ』の最近のものを何冊かもらっていたのでさらに荷物が重い・・・。

今週2度にわたって訪問した昭島は、「アキシマクジラ」というので有名らしい。150万年前にクジラが住んでいて、その骨が昭和36年に発見されたそうだ。駅を降りたら可愛いクジラの看板があった。


関連タグ

03年10月15日(水)

ページのトップへ ページのトップへ

リンク集

検索


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2013 biblog.net / Maniko Katsura All rights reserved.