13.03.21

担当科目シラバス(2012) [大学]

⇒⇒⇒ 担当科目シラバス(2011)

図書館司書課程:
情報検索演習(必修2単位) *旧カリキュラム
授業方法:パソコンを使用した演習形式。
授業概要:情報を的確に選択するための基礎的な情報検索技術の修得を目指し、各種データベースを用いた効率の良い検索方法を身につける。授業では、各自がテーマを1つ設定し、それに関連した情報検索および検索結果の評価を各回の演習の中で行なう。図書館が実際に情報収集の対象としている図書、雑誌、新聞、ウェブサイトの4種類のメディアを扱う予定である。

情報サービス論(選択2単位)
授業方法:講義形式。
授業概要:図書館における情報サービスの意義を理解し、情報検索とレファレンスの2種類のサービス方法および各種情報源について学習する。具体的には、パソコン上でデータベースを用いる情報検索サービスと、図書館のレファレスブックを用いるレファレンスサービスに大別して情報サービスの種類と特徴を解説する。発信型情報サービスについては、パスファインダー(既存)とレファレンスPOP(教員考案)の他に、地域に密着した新しい発信型情報サービスの可能性について検討していく。

レファレンスサービス演習(必修2単位) *旧カリキュラム
授業方法:大学図書館のレファレンスブックを使用した演習形式。
授業概要:図書館のレファレンスサービスでは、(1)レファレンスコレクションの把握、(2)適切なレファレンスブックの選択、(3)迅速な回答が求められる。「情報検索演習」がパソコンを用いた検索であるのに対し、本科目はレファレンスブックを用いた検索が主である。授業では、最初に大学図書館のレファレンスコレクションを見学し、各種レファレンスブックの特徴を理解する。各分野の質問に回答する他に、レファレンス質問の作成と回答、レファレンスPOP、パスファインダーの作成を予定している。

図書館情報技術論(必修2単位)
授業方法:講義形式。必要に応じて演習を行う。
授業概要:図書館のコンピュータやネットワークに関する基礎知識、OPACや検索エンジンを含めたデータベースの仕組みなどを学習し、業務上必要な基礎的な情報技術を習得する。技術的な知識の他にも、情報倫理や著作権管理など、これからの図書館と図書館員に深く関わる主題を取り上げ、適切な情報活用のできる司書を養成することがねらいである。

図書館基礎特論(選択2単位)
授業方法:講義および演習形式。
授業概要:図書館の今日的諸課題および将来の図書館像について、受講生一人一人が自分の意見を持つことを到達目標とする。 受講生は、「図書館と地域」という視点から公共図書館の現状と課題、今後の展望について検討する。地域資料の存在やそれらを活用したサービスについて学習し、地域資料に焦点を当てた図書館見学や図書館調査、受講生同士のディスカッションを通して、図書館が現在直面している問題とその解決策を見出す。

図書館総合演習(選択2単位)
授業方法:講義および演習形式。少人数クラス。
授業概要:必修科目で学んだ内容を掘り下げて学習し、理解を深める。地域図書館が直面している課題を解決するための新しい地域サービスを考案し、実際の図書館への提案およびサービスの実践を行う。受講生は、自分たちが設計したプロジェクトを実行・修正・評価する過程を経て、地域における図書館の役割について考察する。具体的には、大学が所在する京都市東山区にサービスを行う東山区立図書館を拠点とした地域サービスの提案と実践を試みたい。

学校図書館司書教諭課程:
情報メディアの活用(必修2単位)
授業方法:講義および演習形式。演習はグループワークを中心に進める。
授業概要:情報が多様なメディアを介して伝達・発信される今日、司書教諭と生徒双方に求められるのは情報活用能力(メディア・リテラシー)である。学校図書館の指導に携わる司書教諭の役割や「学校司書」との違いを学び、授業と関連付けた図書館のメディア活用を実践する。授業では、総合的な学習の時間を前提としたテーマを最初に設定し、情報の収集、整理、編集、発信の各ステップを順にこなして情報活用能力を身につける。「総合学習ビブリオバトル」では、選択したメディア(図書やウェブサイト)を教員・生徒それぞれの立場に立って評価する。


13年03月21日(木)

ページのトップへ ページのトップへ

リンク集

検索


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2013 biblog.net / Maniko Katsura All rights reserved.