11.08.04

担当科目シラバス(2011) [大学]

⇒⇒⇒ 担当科目シラバス(2012)

図書館司書課程:
情報検索演習(必修2単位)[ウェブシラバス]*リンク切れ
前期:月4、5/木4、5/金6
後期:月4、5/木3、4
授業方法:パソコンを使用した演習形式
授業概要:情報を的確に選択するための基礎的な情報検索技術の修得を目指し、各種データベースを用いた効率の良い検索方法を身につける。授業では、各自がテーマを1つ設定し、それに関連した情報検索および検索結果の評価を各回の演習の中で行なう。図書館が実際に情報収集の対象としている図書、雑誌、新聞、ウェブサイトの4種類のメディアを扱う予定である。

レファレンスサービス演習(必修2単位)[ウェブシラバス]*リンク切れ
前期:火4、5
後期:木6
授業方法:大学図書館のレファレンスブックを使用した演習形式
授業概要:図書館のレファレンスサービスでは、(1)レファレンスコレクションの把握、(2)適切なレファレンスブックの選択、(3)迅速な回答が求められる。「情報検索演習」がパソコンを用いた検索であるのに対し、本科目はレファレンスブックを用いた検索が主である。授業では、最初に大学図書館のレファレンスコレクションを見学し、各種レファレンスブックの特徴を理解する。各分野の質問に回答する他に、レファレンス質問の作成と回答、レファレンスPOP、パスファインダーの作成を予定している。

情報機器論(選択2単位)[ウェブシラバス]*リンク切れ
前期:木6/金5
授業方法:講義および演習形式。演習はグループワークを中心に進める。
授業概要:情報は様々なメディアを介して伝達・発信されている。我々が情報を得るために日頃よく用いているメディアにはどのようなものがあるか。図書館が扱うメディアとは何か。情報技術活用の実践を通して、各種メディアの特徴と問題点を考察する。

受講生は新米図書館員になったつもりで授業に臨んでほしい。これからの情報化社会を支える司書に必要な情報活用能力の基本的な知識と技術の習得を目指し、効率的な情報の収集・整理・編集と情報発信の実践を行う。

授業はグループワークを中心に進め、演習の総括としてプレゼンテーションを行う。図書館の展示やイベントの企画を担当すると想定し、企画テーマの設定、情報の収集・整理・編集・発信のステップをふみながら企画準備を模擬体験する。

学校図書館司書教諭課程:
情報メディアの活用(必修2単位)[ウェブシラバス]*リンク切れ
後期:火4、5 [グループテーマ一覧]
授業方法:講義および演習形式。演習はグループワークを中心に進める。
授業概要:情報が多様なメディアを介して伝達・発信される今日、司書教諭と生徒双方に求められるのは情報活用能力(メディア・リテラシー)である。特に、学校図書館の指導に携わる司書教諭は、授業内容に関連した資料や情報を利用するための知識と方法を身につけておく必要がある。授業では、総合的な学習の時間を前提としたテーマを最初に設定し、情報の収集、整理、編集、発信の実践を行う。


11年08月04日(木)

ページのトップへ ページのトップへ

リンク集

検索


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2013 biblog.net / Maniko Katsura All rights reserved.