選択されているタグ : 

原爆ドーム

タグを絞り込む :

11.10.19

原爆慰霊写真・絵展。 [我思ふ]

画像(239x320)・拡大画像(478x640)

「戦争」や「原爆」をきっかけにbiblogサイトへ来てくださる方もいらっしゃるようでありがとうございます。京都でも広島や長崎の記録に触れる機会が最近ありました。写真は、京都駅2Fの特設コーナーで京都府原爆被災者の会による写真・絵画展(10/11-17)が催されたときの様子です。

画像(180x134)・拡大画像(640x478)

11年10月19日(水)

11.08.06

8月6日8時15分。 [我思ふ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

原爆死没者慰霊碑

広島に原子爆弾が投下されてから66年目の8:15に黙祷。

戦争、原爆、平和について小中高と12年間学んできた1人として忘れてはならない時間です。いまや原爆ドームの内部にもウェブ上で潜入できる時代となり、66年経った原爆ドームの姿が世界中の人に届けられるようになりました。
Google Japan Blog「原爆ドーム内部も360度 公開します」

私の体験を振り返ると、平和学習の主な教材といえば、過去の記録や関連文献、映像、広島平和記念資料館の展示資料、被爆経験者の体験談、現地(原爆ドーム、長崎、沖縄)訪問などでした。現在であれば、これらに加えて広島平和記念資料館のウェブサイトやサイト内のバーチャルミュージアム、平和データベース、Googleのストリートビューといった新しいメディアやツールを駆使した学習が可能でしょう。

きっかけは今風で良い。Googleはあくまでツール。
戦争や平和について考える切り口がもっと増えていくことが大事なのだと思います。


11年08月06日(土)

ページのトップへ ページのトップへ

リンク集

検索


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008-2013 biblog.net / Maniko Katsura All rights reserved.